FC2ブログ
開発環境導入!~eclipse編~
 自己紹介のところにプログラミングについて書いておきながら、全然プログラミングのことについて書いてないなと思いまして、じゃあまず手始めにプログラミングの土台になる開発環境の導入について書こうと思った次第です。

今回は皆さんも一度は耳にしたことのある(かもしれない)Eclipseの導入について書こうと思います!

Eclipse Juno!


今回はEclipseの最新版、Junoの日本語化されたバージョンをインストールします。(下にPleiadesという記述がありますが、それはEclipseの日本語化プラグインの名前です。Eclipseと別物というわけではありません。)手順は以下の通りです。

  1. このサイトにアクセスする。

    1. MergeDoc Project:Pleiades All in One ダウンロードページ



  2. 自分に必要なバージョンを選ぶ。(バージョンについては下で説明します。)

  3. zipファイルをダウンロードして展開する。(展開時に注意があるので後述。)

  4. 展開終了後、"eclipse.exe" をダブルクリックすると起動します。(日本語化済み)


このように、初めてEclipseをダウンロードする場合は、とても簡単な手順で日本語化されたEclipseが導入できます。

Pleiades All in One のバージョンについて


Pleiades All in One には、以下の5種類のバージョンが用意されています。

  1. Platform

  2. Ultimate

  3. Java

  4. C/C++

  5. PHP


上でリンクしたダウンロードページの前半に、各バージョンの説明が書かれているので、よく読んで、自分に必要なものを選んでください。(ちなみに私はデスクトップパソコンにはUltimate、ノートパソコンにはPlatformが入っています。)

JREについて


ダウンロードページの選択項目に「JREあり」「JREなし」といったものがあると思います。Javaを普段意識して使わない人は、ここでつまづくかもしれません。(私がそうでした...。) JREとは、Java Runtime Environment の略で、Javaで書かれたプログラムを実行するための環境をこれが与えます。Eclipse自体はJavaで書かれているので、JREがないとEclipseが起動できません。Javaなんて今までパソコンで動かしたことないよとか、いまいちJREが入っているかわからない人は、「JREあり」をダウンロードすることをお勧めします。

zip展開時の注意


Pleiades概要
ダウンロードページから直接ダウンロードして、展開時にエラーが発生してしまったという人もいるかもしれません。その人は、上のリンク先のページの一番下に、「Windows上でzipを解凍するときの注意」という項目があるので、そこを参照すると解決するかもしれません。(簡単に言うと長すぎるパスのところに展開しようとすると、Windowsの制限により、エラーが発生するようです。)
私はCドライブ直下に展開して、エラーは出ませんでした。ちなみに解凍ソフトはCubeICEをつかいました。
スポンサーサイト



テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

[2012/08/25 17:33] | プログラミング全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<Please follow me on twitter | ホーム | オフィス、IPadに対応!?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://infotech776.blog.fc2.com/tb.php/8-4883de9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |