FC2ブログ
cygwin&gnuplot 環境構築!

Cygwin05311522こんにちは!Linuxの便利さに気付いてきた今日このごろです。今回はWindowsにLinux環境を手軽に構築できるCygwinと、グラフのプロット用ソフトそしてあまりに有名なgnuplotの環境をCygwin上に導入する方法についてまとめていきたいと思います。

Cygwinって?

Cygwinとは先述したように、Windows上にLinux環境を手軽に構築できるものです。Linuxの環境をWindows上に構築するというと、VMWareやVirtualBoxのような仮想マシン環境を構築することを思い浮かべる方もいると思いますが、CygwinはWindowsアプリケーションとして起動されるので、仮想マシンと比べて以下の様なメリットが有ります。

  1. 仮想マシン用にメモリを確保しなくていいので、Windowsマシンのパワーが存分に活かせる。
  2. ホストOSとゲストOSのファイル共有のような面倒な手順なしに、Windows上のファイルもいじれる。
  3. ゲストOS用に仮想ディスク領域を確保しなくていいので、ディスク領域の少ない、最近流行りのタブレット系のマシン上にも気軽にLinux環境が作れる。

基本的にCygwinはLinuxとほぼ同等に使えるので、Linuxのメリットも享受出来ます!ちなみにCygwinでは、Windows上のファイルシステムは/cygdrive なるディレクトリ配下に配置されます。また、Cygwinによって構築されるLinuxのファイルシステムは皆さんがCygwinをインストールしたディレクトリ以下に配置されます。

Cygwinのインストール

では本章でCygwinのインストールと、後でgnuplotを導入するために必要なモジュールの導入を行っていきます。まず以下のページからCygwinのインストーラーをダウンロードして下さい。

https://cygwin.com/install.html

ご自身のWindowsのバージョンに合わせて選択してください。
setup.exeがダウンロードできたら実行してください。その後のインストール方法についてはこちらのページの手順12あたりまでが参考になると思うので、従ってください。そのページの手順9で選んで欲しいパッケージがあるので、以下に示します

  1. X11
    これは後でgnuplotでグラフを表示するために必要になります。Defaultと書いてあるところをクリックしてInstallに変えてください。
  2. wget
    あとでcygwinのパッケージマネージャのapt-cygというものを導入します。その時に必要になります。
  3. tar
    同上
  4. gawk
    同上
  5. bzip2
    同上
  6. git
    同上

ここまで終わればCygwinがインストールし終わっていると思います。次の章でCygwinのパッケージマネージャであるapt-cygの導入を行っていきます。

apt-cygの導入

このapt-cygをなぜ導入するかというと、Cygwinに新しいプログラムをインストールするために、いちいち先ほどのsetup.exeを開くのが面倒だからです!例えばあとで行うgnuplotのインストールも、以下のコマンドだけで出来るようになります。


1: apt-cyg install gnuplot
圧倒的に便利ですね。では導入していきましょう。私はこちらのページに従ってインストールしました。apt-cygをインストールし終わったら、以下のコマンドを実行して、使用するミラーサイトを国内のものにしてください。

1: apt-cyg -m ftp://ftp.iij.ad.jp/pub/cygwin/ update

これはデフォルトのままだと、遅い国外のサイトに接続してしまうからです。では続いてgnuplotを導入しましょう。

gnuplotの導入

といってもやることはCygwinで以下のコマンドを実行するだけです。


1: apt-cyg install gnuplot

簡単ですね。もしファイルが書き込めないなどパーミッション関係のエラーが出た場合は、Cygwinを管理者権限で実行してからやり直してください。

gnuplotをcygwinで使ってみる。

では実際にCygwin上でgnuplotを動かしてみましょう。まずCygwin上でstartxとコマンドを実行してください。すると以下のような画面が立ち上がります。startx201405312044

もしここでXWindowが立ち上がらなかったら、エラーメッセージをきちんと確認して下さい。このXWindowを立ち上げるのは、gnuplotでグラフを描画するためです。一番最初にCygwinを起動した状態では、CygwinはCUI環境で起動しています。つまりgnuplotのグラフのようなGUIを描画する機能が無い状態で起動しています。LinuxのGUI環境がXWindowという認識でいいかと思います。

さて、先ほどの画面ではコンソールが3つ開いています。設定を変えれば起動時にXwindow内で立ち上がるプログラムも変更できますが、ここでは割愛します。このコンソールのどれでもいいので、gnuplotと打ち込んでEnterを押してください。そうするとgnuplotが立ち上がります。試しに以下のコマンドをgnuplotに与えて、実行してみましょう。


1: plot sin(x)
そうするとマウスポインタ周辺にウィンドウの骨組みのようなものが出てくるので、プロット画面を置きたい場所に合わせて、左クリックしてください。すると以下の画像の様になります。sin(x)201405312053

簡単ですね!これでひとまずgnuplotが使えるようになりました。こんなかんじでCygwin上には簡単にLinuxのプログラムがインストールできるので、皆さんもこれを機にLinuxデビューしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーサイト



テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

[2014/05/31 20:54] | Linux関係 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<FC2ブログに投稿した写真が変わってしまう!? | ホーム | texでキレイな連立方程式を書こう!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://infotech776.blog.fc2.com/tb.php/56-0286c5ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |