FC2ブログ
パス通しって?

今日、自分のパソコンにパス通しをする機会があり、そういえば昔はパスの意味すら分からず、環境変数を変えるだけでビクビクしていたような記憶が(笑) そこで今回はパスについて説明しようと思います。ちなみに使用しているOSはWindows7 64bit版です。


そもそもパスって?


パスは英語で"path"と書き、これには道、進路といった意味があります。パソコンの場合も似たようなもので、ファイルがどこにあるかを指定するものとなっています。例えるならパソコン内でのファイルの住所のようなものです。住所がわからないと行きたいところに行けないように、パスがわからないと、アクセスしたいファイルに、アクセスできません。


環境変数Path!


パスについて簡単に説明したところで、本題のパス通しについて書きます。パス通しでいうパスとは、「環境変数Path」のことを指します。ここに設定されているファイルパスは、あるプログラムから他のプログラムを呼び出したいときに参照されます。なので、ここに設定されていないパスに、呼び出したいファイルがあると、呼び出し元のプログラムでエラーが発生します。それを回避するために、正しいファイルのパスを環境変数Pathに設定する必要があります。これをパス通しといいます。


Pathの設定方法


Pathの編集画面を開くには、
コントロールパネル>システムとセキュリティ>システム>環境変数
とクリックしていくと「環境変数」というウィンドウが開きます。その中の「システム環境変数」からPathを選んでクリック>編集ボタンをクリック!
すると設定画面が出てくるので、既に設定されている値の一番後ろに、「;」で区切って、正しいパスを入力してください。そのあとOKをクリックすると設定完了です!


まとめ


パス通しが必要ということは、プログラムに、どこに呼び出したいプログラムがあるかを教えてあげる必要があるようなイメージです。パス通しが必要ないものというのは、あらかじめ環境変数Pathに設定されているパスに、呼び出したいプログラムがあるというものです。なので、あとから自分でインストールするプログラムは、場合によっては設定されていないパスを参照するので、パス通しが必要になります。

スポンサーサイト



テーマ:Windows 全般 - ジャンル:コンピュータ

[2012/08/20 23:08] | パソコン全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<おもしろキーボード発見! | ホーム | IPadでペーパーレス!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://infotech776.blog.fc2.com/tb.php/5-9ca01109
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |