FC2ブログ
ProcessinngでGUI!

ProcessingGUIライブラリ

こんにちは!最近ARシューティングゲームに関する記事をほとんど書いていないなーと思ったので、今回はARシューティングゲームの一部分として使っているProcessingのGUIについて書こうと思います!

以下の方のページにProcessingで使えるGUIライブラリがまとめてあります。
Processing上でのGUI
私も知らなかったGUIライブラリがたくさん紹介されています。
時間のある時に色々なライブラリを試してみたいと思いますが、今回はcontrolP5について紹介していきます。

controlP5のインストール

controlP5のインストールは以下の手順で出来ます。ちなみに私はProcessingの1.5.1を使用しています。

  • controlP5のページにアクセス
  • 上のページからdownload listのページに飛ぶ。(ここに貼ったリンクからも飛べます。)
  • 自分のProcessingのバージョンにあったcontrolP5のzipファイルを選んでダウンロードする。(私はProcessing-1.5.1を使用しているので、controlP5-1.5.2.zipをダウンロードしました。)
  • ダウンロードしたZipファイルを解凍する。
  • 解凍したフォルダの中のcontrolP5という名前のフォルダをフォルダごと、
    Processingが入っているフォルダ\processing-1.5.1\modes\java\libraries
    に移動。
  • Processing を起動しているなら再起動する。

以上の手順でインストールが完了します。

どうやって使い方を知ればいい?

新しいライブラリをインストールすると、使い方を勉強しなければいけません。でも、どうやってcontrolP5の使い方を勉強すればいいのでしょうか?
Google先生に聞くという人も多いかもしれませんが、controlP5は日本語の資料が少ないため、調査が難航するかもしれません。

私はcontrolP5の使い方を知るために、controlP5のサンプルコードを使用しました!
サンプルコードは先程解凍したcontrolP5\examplesに入っています。それらサンプルコードのフォルダに、各GUIコンポーネントのパーツ名が付いているので、使えそうなやつを開いて実行してみて、動きや使い方を確かめるというような感じです。一応controlP5のフォルダ内にドキュメントもあるようですが、この方法のほうが早く使い方を身に付けられると思います。

どんなプログラミング言語でも、実際に動かしてみたほうが理解が早いと思います!
ではまた!

スポンサーサイト



テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

[2014/01/21 21:44] | プログラミング全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<LED光拡散! | ホーム | パワポの画像・動画が消える!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://infotech776.blog.fc2.com/tb.php/27-ae8092b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |