FC2ブログ
C#でWiiリモコン

Wiiリモコン

どうやってC#から使う?

以前から作成を進めているARシューティングゲームのラジコンコントローラとして、Wiiリモコンを採用しました!Wiiリモコンを制御する言語としてC#を採用しました。
最初はProcessingでゲームを作るので、WiiコントローラもProcessingで制御しようとしたのですが、Processing用のライブラリをどこから手に入れたらいいかわからなかったので、まぁまぁ得意なC#で制御することにしました。
C#から取得したWiiリモコンのセンサ値をProcessingで作ったゲームプログラムへHTTPかなんかで飛ばそうかと思っています。

さて、C#からの使い方を以下にまとめておこうと思います。
まずC#の開発環境として私は以下を使っています。
Visual Studio Express 2012 for Windows Desktop
上のページからダウンロード出来ます。インストール後、保存領域が約2GBぐらい消費されるので注意してください。ちなみに製品登録を行えば、無期限、無料で使えます。

続いてWiiリモコンをC#から使うためのライブラリをダウンロードします。以下のページから出来ます。
Wiimotelib
Wiimotelibを解凍したフォルダ内の WiimotLib_1.7\docs 内のヘルプファイルから、Wiimoteのドキュメントへアクセスできます。
また、VC#へのWiimotelibの設定方法についてはこちらのページを参考にさせていただきました。ジャンプ先ページではVC#2008を使っていらっしゃいますが、VC#2012でも同様の設定方法で可能です。

ここまで終われば、WiiリモコンをパソコンとペアリングしてC#でガシガシコードを書いていけばいいです!ということでWiiリモコンの接続に関して次の節で説明したいと思います。

自動接続できない!

WindowsマシンとWiiリモコンの接続自体は、Wiiリモコン側はWiiと接続するときと同様に、赤いボタンを押してペアリングモードにし、PC側ではコントロールパネル→デバイスとプリンター→デバイスの追加とかにすれば出来ます。これは通常のbluetoothデバイスのペアリングと同じです。
 しかし、Wiiリモコン-PC接続特有の問題が発生しました...。なんと、Wiiリモコンの電源を一度切って入れなおしても、PCとの接続を再確立してくれないのです!そこで以下のページを参考に、Wiiリモコンの自動再接続用の設定を行いました。
Wiiリモコン(バランスボード)とWindows PCとの再接続の話
上記ページの作者様が作成された、自動再接続設定用のソフトを用いて、設定を行いました。使用環境の前提条件等書かれていますが、私の環境でも動作しました。ちなみに私の環境は以下のものです。

  • Windows8 64bit
  • Visual Studio Express for Windows Desktop 2012
  • PC内蔵bluetoothアダプタ (何も設定等いじっていない状態で使用。)
  • Wiiリモコン

 先ほどのページの作者様も書かれているとおり、あらかじめビルドされているものを使うと、動作しないような気がします。(試していませんが。) 私はソースコードからビルドして使用しました。使い方は作者様が説明されているとおりに使っていけば、何の問題もないと思います。
 手順がすべて終わったら、私の環境では無事、自動再接続がされるようになりました!大変感謝です。ではまた。

スポンサーサイト



テーマ:電子工作 - ジャンル:コンピュータ

[2013/10/21 21:47] | ARシューティングゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<Wiiコン用プログラム! | ホーム | ARシューティングゲームイメージ図>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://infotech776.blog.fc2.com/tb.php/18-700ffee1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |