FC2ブログ
cygwin&gnuplot 環境構築!

Cygwin05311522こんにちは!Linuxの便利さに気付いてきた今日このごろです。今回はWindowsにLinux環境を手軽に構築できるCygwinと、グラフのプロット用ソフトそしてあまりに有名なgnuplotの環境をCygwin上に導入する方法についてまとめていきたいと思います。

Cygwinって?

Cygwinとは先述したように、Windows上にLinux環境を手軽に構築できるものです。Linuxの環境をWindows上に構築するというと、VMWareやVirtualBoxのような仮想マシン環境を構築することを思い浮かべる方もいると思いますが、CygwinはWindowsアプリケーションとして起動されるので、仮想マシンと比べて以下の様なメリットが有ります。

  1. 仮想マシン用にメモリを確保しなくていいので、Windowsマシンのパワーが存分に活かせる。
  2. ホストOSとゲストOSのファイル共有のような面倒な手順なしに、Windows上のファイルもいじれる。
  3. ゲストOS用に仮想ディスク領域を確保しなくていいので、ディスク領域の少ない、最近流行りのタブレット系のマシン上にも気軽にLinux環境が作れる。

基本的にCygwinはLinuxとほぼ同等に使えるので、Linuxのメリットも享受出来ます!ちなみにCygwinでは、Windows上のファイルシステムは/cygdrive なるディレクトリ配下に配置されます。また、Cygwinによって構築されるLinuxのファイルシステムは皆さんがCygwinをインストールしたディレクトリ以下に配置されます。

Cygwinのインストール

では本章でCygwinのインストールと、後でgnuplotを導入するために必要なモジュールの導入を行っていきます。まず以下のページからCygwinのインストーラーをダウンロードして下さい。

https://cygwin.com/install.html

ご自身のWindowsのバージョンに合わせて選択してください。
setup.exeがダウンロードできたら実行してください。その後のインストール方法についてはこちらのページの手順12あたりまでが参考になると思うので、従ってください。そのページの手順9で選んで欲しいパッケージがあるので、以下に示します

  1. X11
    これは後でgnuplotでグラフを表示するために必要になります。Defaultと書いてあるところをクリックしてInstallに変えてください。
  2. wget
    あとでcygwinのパッケージマネージャのapt-cygというものを導入します。その時に必要になります。
  3. tar
    同上
  4. gawk
    同上
  5. bzip2
    同上
  6. git
    同上

ここまで終わればCygwinがインストールし終わっていると思います。次の章でCygwinのパッケージマネージャであるapt-cygの導入を行っていきます。

apt-cygの導入

このapt-cygをなぜ導入するかというと、Cygwinに新しいプログラムをインストールするために、いちいち先ほどのsetup.exeを開くのが面倒だからです!例えばあとで行うgnuplotのインストールも、以下のコマンドだけで出来るようになります。


1: apt-cyg install gnuplot
圧倒的に便利ですね。では導入していきましょう。私はこちらのページに従ってインストールしました。apt-cygをインストールし終わったら、以下のコマンドを実行して、使用するミラーサイトを国内のものにしてください。

1: apt-cyg -m ftp://ftp.iij.ad.jp/pub/cygwin/ update

これはデフォルトのままだと、遅い国外のサイトに接続してしまうからです。では続いてgnuplotを導入しましょう。

gnuplotの導入

といってもやることはCygwinで以下のコマンドを実行するだけです。


1: apt-cyg install gnuplot

簡単ですね。もしファイルが書き込めないなどパーミッション関係のエラーが出た場合は、Cygwinを管理者権限で実行してからやり直してください。

gnuplotをcygwinで使ってみる。

では実際にCygwin上でgnuplotを動かしてみましょう。まずCygwin上でstartxとコマンドを実行してください。すると以下のような画面が立ち上がります。startx201405312044

もしここでXWindowが立ち上がらなかったら、エラーメッセージをきちんと確認して下さい。このXWindowを立ち上げるのは、gnuplotでグラフを描画するためです。一番最初にCygwinを起動した状態では、CygwinはCUI環境で起動しています。つまりgnuplotのグラフのようなGUIを描画する機能が無い状態で起動しています。LinuxのGUI環境がXWindowという認識でいいかと思います。

さて、先ほどの画面ではコンソールが3つ開いています。設定を変えれば起動時にXwindow内で立ち上がるプログラムも変更できますが、ここでは割愛します。このコンソールのどれでもいいので、gnuplotと打ち込んでEnterを押してください。そうするとgnuplotが立ち上がります。試しに以下のコマンドをgnuplotに与えて、実行してみましょう。


1: plot sin(x)
そうするとマウスポインタ周辺にウィンドウの骨組みのようなものが出てくるので、プロット画面を置きたい場所に合わせて、左クリックしてください。すると以下の画像の様になります。sin(x)201405312053

簡単ですね!これでひとまずgnuplotが使えるようになりました。こんなかんじでCygwin上には簡単にLinuxのプログラムがインストールできるので、皆さんもこれを機にLinuxデビューしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーサイト



テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

[2014/05/31 20:54] | Linux関係 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
texでキレイな連立方程式を書こう!

こんにちは!最近久々にtexを使っているのですが、場合分けつきの連立方程式を綺麗に書こうと思ってつまづきました笑 今回は場合分けの条件付きの連立方程式を綺麗に書く方法を調べて試したので、それについてまとめます。

今回書きたい式

image

今回texで書きたい式はこちらです!ちなみにこの式はPearson type III 確率密度関数の特別な場合のものです。なんのことでしょう笑 この式を書くためのコードは以下です。


1: p(x)=\left\{

2: \begin{array}{ll}

3: \lambda ^2x {\rm exp}(-\lambda x),&x>0, \\

4: 0,&x\leq 0.

5: \end{array} \right.

6: \end{eqnarray}

重要なのは黄色で強調した部分です。{}の中身をllにするところがポイントです。これにより列が左揃えで2つ作られるので、条件付きで連立方程式が書けます。私はこの部分を l だけにしていたので、タブを表す&を入れてもエラーが出て先に進めませんでした...。

これがわかったのはこちらのページを見たからです!ありがとうございます。参考までに。

テーマ:問題と解決 - ジャンル:コンピュータ

[2014/05/31 14:58] | latex | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
Vimのコメントが見えない!

こんにちは!今までVisual StudioなどのIDEでC言語の開発を行っていましたが、せっかくなのでvimをエディターにしてgccなどのコンパイラでコンパイルするという環境で開発をしようと思い、vimなどの環境を整えました。しかしここで問題が。syntax on を.vimrcに書いただけのシンタックスハイライトの設定では、コメントが青色になって、背景が黒のコンソール上では非常に読みづらいです!以下にこの設定方法についてまとめます。

色のエイリアスの確認

これから色の設定を変えていくわけですが、その前にどのような色のエイリアス(割り当て)がvimで行われているのか確認しなければなりません。そのために、vimのコマンドモードで以下のコマンドを実行してください。

  1: :so $VIMRUNTIME/syntax/colortest.vim

このコマンドを実行すると以下の画像のような画面が出てきます。(クリックして拡大。)

vim_color1122

この画像に書いてある色の名前が、この後設定する色の名前として使用できます。

コメントの色の変更

では実際にコメントの色を変更しましょう!そのためには.vimrcに以下のコマンドを追加してください。

  1: hi Comment ctermfg=colorName
colorNameは皆さんがコメントの色として使いたい色の名前を設定してください。クォーテーション等で囲む必要はありません。ここまで出来たら一度VIMを閉じて再度VIMを起動すると、色の変更が反映されます!ctermfgに整数を指定して色を設定するやり方もあるようですが、色の名前で設定するほうがわかりやすいと思ったのでご紹介しました。参考までに!

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

[2014/05/29 17:50] | プログラミング全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
cygwin1.dll cygblas-0.dll が見つからない!

こんにちは!cygwin上でコンパイルしたプログラムを動作させたときに、タイトルのようにcygwin1.dllとcygblas-0.dllが見つからないというエラーが出ました。この記事にその解決方法をまとめておきます。

cygwin1.dllについて

まずcygwin1.dllについて解決しましょう。これはcygwinをインストールしている時点で入っているはずなので、以下のパスを環境変数Pathに追加してください。

C:\cygwin64\bin

このパスはご自身がcygwinをインストールしたディレクトリに適宜読み替えてください。

cygblas-0.dllについて

まずliblapack0がcygwinにインストールされているかを確認してください。インストールされているかどうかはsetup.exeなどで確認できると思います。インストールしたら以下のパスを環境変数Pathに追加してください。

C:\cygwin64\lib\lapack

こちらも先ほどと同様にcygwinをインストールしたディレクトリに適宜読み替えてください。

まとめ

以上で問題が解決しました!パスの通し方がわからない方は以前の記事を参考にしてみてください!

テーマ:トラブル - ジャンル:コンピュータ

[2014/05/28 19:25] | プログラミング全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
確率単語帳!
N811_1234saikoro500.jpg
こんにちは!最近ひょんなことから確率論を勉強している管理人です。5月ももうすぐ終わりです。そういえば高校生の頃は確率が苦手だったなと懐かしい気分です。
 世の受験生の皆さんも確率が苦手な人が多いのではないでしょうか?受験生がよく遭遇する確率の問題は日本語がとてもむずかしいですね...。具体的には問題文から、適切な場合の数の数え方を読み取るのが難しかった記憶があります。まぁ今も上手く数えられるかと聞かれれば不安ですが笑
 確率の問題をいくつか解いてみると、結構パターンがあると思いませんでしょうか?そこでふと思いついたのが 「確率単語帳」 なるものを作ってみると、確率の問題を解く手助けになるのではということです。
 問題文中で、場合の数の数え方に対応する部分と、それに対応する模範解答の場合の数の数え方を単語帳の様にメモすると、どういう問題文の場合にどういう数え方をすればいいのかという見通しが立ちやすくなるのではと思います。
 あくまで思いつきで自分で試したわけではないので効果の程はわかりませんが、面白そうだと思った方は是非参考にしていただければと思います!


テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

[2014/05/25 18:04] | 勉強雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |